地震
2011 / 03 / 12 ( Sat )
沢山のご心配メールありがとうございました。
私も家族もみんな無事です。
今日は800回公演でしたが、娘の外来予定が入ったので帝劇へお祝いの雰囲気も感じられないなぁと思っていました。
 
病院へ行く準備をして荷物を置きに駐車場へ行ってると
 
マンションの警報装置が鳴っていて、でもそれが今まで聞いたことがなかったので
警報だとは気づきませんでした。揺れてることも感じなくて…
 
駐車場に着くと揺れが大きくなってきて、目の前の車も揺れているし
マンションも揺れていて、住民の人が次々に外に出て来て
慌てて子ども達を残してる部屋に走って戻りました。
まだ揺れているドアを開けると息子が娘を抱きかかえて
逃げて来てくれたので、凄く頼もしかったです
 
広島に住んでいた時に安芸灘地震を経験していますが
その時も凄く怖かったことを思い出します
その時も私は偶然外の庭に居たのだけど
部屋に居た息子は一人テーブルの下に潜り込んでいて
娘は事態を分かってなくてテレビの前で喜んでたけど
 
そう言えば数日前に息子が大きい地震が来るとか言っていて
どこかの呟きを見たみたいでした。
 
余震が来るからと、無理やり息子に着いて来てもらって正解。
でも明日受験なんだけど、もう仕方ありません。
一緒に居ないと不安なので。
病院に行くとエレベーターは止まっているし
診察室に行けない( ̄□ ̄;)!!
たまたま主治医の先生が他の患者さんを送りに降りて来ていたので
そのまま娘を抱いて上がってくれて助かりました。
 
病棟の配膳車も上がれないので
看護婦さん職員さんで食事をリレーしていました。
 
無事に診察は終わったものの帰り道の道中が( ̄□ ̄;)!!
 
大渋滞で5時間もかかりました
無事に帰りついて何よりですが、
何かあった時は私一人では娘を守れないと実感した1日でした
 
たまたま、お守り用に酸素と吸引機を持ち出していたから良かったけれど
咄嗟に逃げ出せても、医療ケアがいる人は本当に命を守れないと感じました。
 
入院で知り合ったあの娘さんは大丈夫だろうか?
とか、呼吸器が必要なあのお姉ちゃんは大丈夫だっただろうかとか
色々と考えさせられた日になりました。
 
帝劇に行ってるお友達や光ちゃん。カンパニーのみんなが無事で本当に良かったです。
中止は残念だけれど、元気で命があればまた観劇出来るし。
 
帝劇の神様に感謝です
 
 
スポンサーサイト
02 : 07 : 22 | 日記 | コメント(0) | page top↑
<<星☆ | ホーム | °・(ノД`)・°・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |