ラスト侍
2010 / 11 / 23 ( Tue )
携帯から投稿してたのに全然反映されてない・・・調子悪いFC2

ラストはとくにカーテンコールみたいなのもなくてあっさりと終了。
参加席に座ってたときスクリーンはあんまり直視してなかったら
光ちゃん侍のとき見損ねたんだよね(^_^;)
それを最後は見れました(*^_^*)

笑いを取るようにに言われてたお二人。
出川さんと竜平さんは幼馴染~
だけど敵ってことだった訳ですが、そこには触れないの~
最後だからって爆竹多め?
二人揃うとこんな仕事しかこないとか言われてました(^_^;)
こんなだから堂本兄弟に出れないとか
光ちゃんと話すとき緊張してただろ!と出川さんに突っ込まれてました。

そしてあのプールの中を火のついた船が現れてきて二人を追いかけるはずが
居ないところ行ってしまって止まる・・・そしてスタッフが方向転換してしまうというハプニング?もありました。

1回めは内容が???でしたが、2回目はまぁまぁ理解できました(^_^;)
寛斎さんのお話で印象に残っていること
日本人は色の表現が2000種類(?)だったかな。あってとても恵まれているというようなお話をされていました。
もうひとつは「夢」
とにかく「夢」を連呼されていました。

光ちゃんの出番は少なかったけど(終わってみればそうでもなかったかもと思ったり(^_^;)
初めてのジャニの以外での表現を観ることが出来て良かったと思います。
光ちゃんが雑誌等で稽古がない・・・ということを戸惑っているように感じましたが
寛斎さんはその時その時のインスピレーションを大事にされている?ようで
稽古は殆どせず全てを出して欲しいって。
うーーーーーーーん。
それってやっぱり難しいよね?
光ちゃんは七人の侍の中の一人として自分の色を出し切ろうと
探り探り頑張ってるのがとても感じました。

フライングは見慣れているはずなのに、思わず声が零れるほど圧巻でした。
あのフライングは光ちゃんしか出来ないものだと思います(*^_^*)

まぁお腹いっぱいにはならなかったけど、きっと光ちゃんの新しい何かに続く1歩になったのではと
勝手に思っています。
寛斎さんの言われるインスピレーションも分かりますがそこは舞台で言う「生物」って言うことで
やっぱりある程度は稽古した方がより良いものが出来るのでは~?と
素人の私が偉そうに言うのもなんですが・・・・(^_^;)ねぇ~光ちゃん。稽古したかったよね~
でも、うん。良かったです(*^_^*)

家に帰って気づいたのだけど
今年最後の光ちゃん見おさめでした~~~~~(T_T)
もっと心して観るんだった~~~~~(T_T)

スポンサーサイト
02 : 13 : 05 | 光ちゃん | コメント(0) | page top↑
<<侍思い出 | ホーム | 七人の侍20日夜公演>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |